さが農村ひろば

さが農村がいど
アプリを持って出かけよう

インストール
さが農村ひろば

【ブログ】秋を楽しむ自然体験イベントを行いました!

11月14日(土)~11月15日(日)に波戸岬少年自然の家主催事業「ファミリータイム in HADO」が開催されました。

両日とも快晴で、自然体験にもってこいの天気でした。

今回は「秋」を感じていただくため、食欲の秋、芸術の秋をテーマとし、秋メニューの野外炊飯、みかん収穫体験、しし鍋試食体験、秋の灯篭作りを活動のプログラムとしました。

1日目は、野外炊飯と灯篭作りを行いました。

野外炊飯で栗や銀杏など秋の味覚をたくさん使ったおこわ作りをしました。おこわは山菜おこわ豆おこわの2種類作り、参加者さんからは「食べ比べができて、より楽しめた」という感想を頂きました。

それ以外でも、具だくさんの豚汁、ミキサーで作る白和え、かぶの漬物、フルーツグミなど盛りだくさんのメニューでした。

この野外炊飯では、ふるさと先生という企画で、唐津市の肥前町と相知町から2名先生に来ていただき、料理を教えてもらいました。どの料理も美味しく、参加者の皆さんも大満足でした。

灯篭作りでは、落ち葉と和紙、ペンやカッターナイフなども使い、参加者さんそれぞれオリジナル性あふれる灯篭を作っていただきました。最後に、点灯式を行い明かりがともった瞬間はとても幻想的で感動しました。

2日目は、みかん収穫体験と、しし鍋試食会を行いました。

この2日目のプログラムは、地元コラボ企画を行い、打上地区を盛り上げるために様々な活動をされている「打上地区活性化協議会」の皆さんに協力してもらいました。

みかん収穫体験では、打上地区の方の畑をお借りして、おいしいみかんを収穫させていただきました。

しし鍋試食会では、打上地区活性化協議会の皆さんに炊き出しをしてもらい、100名分に近い量のしし鍋と地元のお米を使った美味しい、ごはんのご用意をして頂きました。子供たちもしし鍋の大きな釜をみて、驚いている様子でした。

また、しし鍋の味はとても美味しく、参加者さんからも「猪肉が苦手だったけど、猪肉が好きになるくらい美味しかったです」という感想を頂きました。

今回盛りだくさんの内容で、秋をめいっぱい楽しんでいただきました。また、地域とのコラボで唐津市にお住いのふるさと先生に料理を習ったり、打上地区活性化協議会の皆さんに協力していただいたりと唐津市の地元の雰囲気や温かさに触れてもらいながら、参加者の皆さんには活動を行っていただけたと思います。

今後も季節や地域に触れながら楽しめる企画を準備していきますので、今回ご参加いただいた皆さん、それから事業に興味を持っていただいた方、ぜひ、波戸岬少年自然の家に足を運んでみてください。

(波戸岬少年自然の家では年間を通して様々な主催事業を行っています。詳しくはこちらをご確認ください。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者 : 佐賀県波戸岬少年自然の家

おすすめむらサポブログ

すべて見る
すべて見る