さが農村ひろば

さが農村がいど
アプリを持って出かけよう

インストール
さが農村ひろば さが農村ひろば

【ブログ】ふるさと先生から伝承料理を学ぼう

ホームに戻る

【ブログ】ふるさと先生から伝承料理を学ぼう

神埼市子育て支援センターでは、1月24日に「ママクッキング」として、ふるさと先生をお招きして、子育て中のお母さん達対象に「たかなのおこもじ」「ちりめんじゃこのふりかけ」「おはぎ」の作り方を教えていただきました。

「おこもじ」は、高菜漬けを細かく刻むところから始め、フライパンで炒めて作りました。九州北部(福岡県・佐賀県)では、葉物の漬物、細かく切って食べる漬物に限って「おこもじ」という言い方をするようです。

「ちりめんじゃこのふりかけ」は、子ども達が食べやすいように、ちりめんじゃこを使い、カルシウムたっぷりのふりかけを作りました。

「おはぎ」は、もち米と白米を合わせたものを炊くことから始め、濡れた布巾の上にすりこぎで軽くつぶしたご飯を薄く広げ、その中に餡子を入れて丸めました。
「暑さ寒さも彼岸まで」と、言われるように、春の彼岸は、農作業が始まる次期で、秋の彼岸は収穫の時期にあたります。そこで、春には収穫をもたらす山の神を迎えるため「ぼらもち」を秋には収穫を感謝して「おはぎ」を作ったと言われています。

参加したお母さん達の中には、佐賀県外から引っ越しをして来ている人もおり、「おこもじの名前を初めて聞きました。おいしいですね」の声や「おはぎは、お店で売ってある物と同じようにできて嬉しい」「ちりめんじゃこのふりかけは、簡単にできて、カルシウムもとれるし、添加物も入っていないので、子どもに食べさせても安心ですね」等の声も上がっていました。

ふるさと先生には、なんでもインスタントでまかなえる今の時代に、今回のような手作りの食品作りに関わる機会を与えていただき、ありがとうございました。

投稿者 : 神埼市子育て支援センター

おすすめむらサポブログ

すべて見る

【ブログ】いもほり

12月9日(金)の午前中、1年生が自分たちが苗植えをしたサツマイモをほりました。 はじめに、ふるさと先生の「みゆきの里」の皆さんに掘り方を指導していただきました

【ブログ】ふるさと先生 お菓子作り

11月30日(木)、12月8日(金)にふるさと先生に来ていただき、2年生の「子どもの発達と保育」選択生31名で地元の野菜を使ったパン・お菓子作りを体験しました。

すべて見る