さが農村ひろば

さが農村がいど
アプリを持って出かけよう

インストール
さが農村ひろば さが農村ひろば

【ブログ】郷土料理作りに挑戦!!

ホームに戻る

【ブログ】郷土料理作りに挑戦!!

11月28日(火)3,4時間目にふるさと先生をお招きして地域に古くから伝わる郷土料理作りの体験を行ないました。

まずは、だぶです。
だぶ」とは、ごうぼう、にんじん、こんにゃく、かまぼこ、きくらげ、しいたけ、たけのこ、すりみなど、たくさんの具材をたっぷりのだし汁でだぶだぶに煮詰めて味付けされた料理です。

汁がだぶだぶに入っていることから、「だぶ」と呼ばれるようになったそうです。
学校の給食でも出ますが、家庭それぞれで中に入れる具材も味付けも違うようで、今回はふるさと先生のご家庭の味付けで教えていただきました。

だぶ作りと並行して、ツガニ飯(通称がねめし)づくりにもとりかかりました。

ツガニはまだ生きていて、爪を切るのにも一苦労!カニの立派なハサミに挟まれそうになる手をかばいながら、上手に切っていきました。
生きているツガニを調理することで、いつも私たちは命をいただくことで元気に過ごせていることを感じられたのではないかと思います。

デザートにさつまいもプリンもつくりました。

ふかしたさつまいもをつぶし、砂糖や牛乳を加えてカップに入れ、お湯を張ったフライパンの中でふたをして蒸しました。仕上げに黒蜜をかけていただきました。

ツガニ飯やだぶは家庭でも食べる機会がある子どもが数名いましたが、自分たちで作ったものは、やはり格別においしかったようです。
「おかわりどうぞ」の声がかかるたびに、長い行列ができていました。

今回の体験を通して、食べ物や自分たちの故郷を大切にしようとする心が育ってくれればと思います。

投稿者 : 唐津市立 玉島小学校

おすすめむらサポブログ

すべて見る

【ブログ】味噌作り

唐津西高校では11月10日(金)に、ふるさと先生に来ていただき、2年生の「子どもの発達と保育」選択生9名で味噌作りと押し寿司作りを体験しました。 押し寿司作りで

すべて見る