さが農村ひろば

さが農村がいど
アプリを持って出かけよう

インストール
さが農村ひろば

【ブログ】県くらしの安全安心課より取材していただきました!

トマトジャム作り 2019年12月4日
佐賀市立富士小学校3年生の児童たちは、ふるさと先生の水田強さんから、トマトジャムづくりを教わりました。水田さんは、30年以上にわたり地元の子どもたちに農業体験の授業をされており、これからもずっと続けていきたいとおっしゃっていました。
まずは、ビニールハウスで土づくりについての説明です。水田さんは、自然に近い形で手間をかけて農業をされています。トマトは根が50cmも伸びるので、おいしいトマトを育てるためには根が育ちやすい土づくりが大切で、また、甘みを強くするには、なるべく水を与えないようにするのだそうです。
工房に移動して、早速ジャムの瓶詰め作業です。
今回は時間の都合で詰める作業だけでしたが、子どもたちは真剣に取り組んでいました。
詰め終わったジャムを殺菌している間は、みんなが考えたオリジナルラベルの発表タイムです。
子どもたちの感性があふれ出しました。水田さんは、この時間がとても楽しみなのだそうです。
(投稿者 佐賀県くらしの安全安心課)

投稿者 : 合同会社つよし君のお野菜畑

おすすめむらサポブログ

すべて見る

【ブログ】大豆をまいたよ!

7月10日(火)年長ふじ組22名とさくら組24名の46名で、ふるさと先生の宮島さんをお招きして「大豆をまこう!」の体験をしました。初めて会う宮島さんの元気な挨拶

すべて見る