さが農村ひろば

【ブログ】諸富北小学校 育てた大豆でとうふ作り

諸富北小学校3年生の児童36人は2月6日、同校調理室で豆腐とおからサラダ作りをしました。材料に使った大豆は、同児童が7月上旬に種をまいて秋に収穫したものを使いました。

佐賀県のふるさと先生の田中八重子(諸富町)先生が、これまでの大豆の生育状況を紙芝居を使って説明。その後、JAさが諸富町女性部が応援に入って調理しました。

豆腐づくりでは、にがりを入れるタイミングや、火加減・温度などを慎重に行いました。

おからサラダには、キュウリのほか赤や黄色のパプリカなどを入れて色どりも豊かに仕上げ、おいしくいただきました。

参加した児童は「私たちが作った大豆が、とうふやおからに変身して驚きました」と話していました。

 

投稿者 : JAさが 諸富町営農センター

おすすめむらサポブログ

すべて見る

【ブログ】子ども達とマイエンザ作り

伊万里では小学校のプール掃除に使う微生物活性酵素「マイエンザ」を子ども達が授業を通して自ら作りプールに投入しています。 微生物の力でプールの汚れを落とすので環境

【ブログ】大きく育て さつまいも!

新型コロナウイルスの影響で長い休校期間がありましたが、 無事に学校も再開しいろいろな学習がスタートしました。 1年生は、さつまいもの苗植えを行いました。 今回も

【ブログ】12/8 玉ねぎって?

今日はふるさと先生に来ていただき、玉ねぎについての話を紙芝居を使って詳しく教えて頂きました。 『みんながいつも食べているところは玉ねぎのどこの部分?』のクイズに

すべて見る