さが農村ひろば

佐賀県公認・旅ガイド
アプリを持って出かけよう

インストール
さが農村ひろば さが農村ひろば

旬の特産品を知る

ホームに戻る

しろいしれんこん

有明海のミネラルによって生み出される滋味豊富なれんこん

ムツゴロウにワラスボ、うみたけ。
有明海という海の豊かさは、他の海では見られないさまざまな生物が生息していることでもはっきりわかります。
(佐賀の)有明海苔が全国にその名を知らしめしているのも、そうした土壌があるからなのですね。ところで、肥沃なこの海の恩恵を受けているのは海産物だけではありません。そう、それは、れんこん。佐賀県の白石町で多く作られるれんこんは、生産する畑の多くが有明海の干拓地に広がっており、海のミネラルや栄養分をとことん吸い上げた、本当に特別なれんこんなのです。

夏は、出回り始める新物を薄切りにして、シャキシャキとした歯ごたえを楽しむように、涼しげな酢れんこんに仕立てて食べるのも良し。

おいしさが深まる秋からは、しろいしれんこんの本領発揮です。
旨み、ほくほく・もちもちした食感が口いっぱいに広がります。

ぜひ、れんこんを皮付きのまま1cm程度の輪切りにして、オリーブオイルでじっくり焼いてみてください。

食べる直前にぱらりと塩を振ってかぶりつけば、それはもう、むちりとした食感の奥から、得も言われぬ滋味が口いっぱいに広がります。
じっくり味わいながら、これが有明海の恵みなのだなあと、はからずも感慨にひたることでしょう。

さらにれんこんは、とにかく油と相性が良い。
すりおろして卵を加えたものに酒と醤油で味を整え、さつま揚げの要領でごま油でからりと揚げれば、れんこんの旨みと香りを凝縮した揚げ餅といった趣の一品に。きっと子供も酒飲みもよろこびます。

鶏肉や人参と一緒に炒めた後で、醤油とみりんで炊き上げる”がめ煮”も素晴らしい。

シンプルにキンピラという手もあり、この場合、いつもより分厚く切ってもちもち感を残すのがポイントになります。

秋の時期、白石ではたくさんのれんこんの葉を、各所で見ることができます。
味だけではなく、その風景もまた素晴らしい。

秋からの白石のれんこん、味覚と視覚で、ぜひお楽しみください。