さが農村ひろば

佐賀県公認・旅ガイド
アプリを持って出かけよう

インストール
さが農村ひろば さが農村ひろば

旬の特産品を知る

ホームに戻る

爽やかに、穏やかに。日本の心、嬉野茶。

いつものお弁当のとなりに、おもてなしにと、お茶は私たちの生活とは離れがたい深いつながりがあります。色んな飲み方や色んな種類がありますが、九州随一のお茶どころと言えば佐賀の嬉野。清らかな空気と水に恵まれた盆地、その山あいにふと広がる茶畑がそのふるさとです。霧深さ、そして昼夜の大きな気温差が茶葉の甘みや旨みを育てるんです。せわしい日々からちょっと解放されるお休みの日に、嬉野のお茶をいれてホッと一息つきませんか。

独特のまるっとかわいい形の葉をした玉緑茶は、「ぐり茶」と呼ばれて愛されます。特に蒸して仕上げたぐり茶は、全国茶品評会で5年連続農林水産大臣賞をとったお墨つき!

まずは急須と湯のみをお湯でゆっくり温めておきましょう。くつくつ沸かしたお湯を湯さましで冷ましたら、茶葉を入れた急須に注ぎます。1分ほどじっと待つうちに、嬉野茶ならではの濃いうまみと香りが、まあるい茶葉と一緒に開いていきます。ていねいに、ゆっくり最後の一滴まで注ぐのがコツ。いつものお菓子も特別なケーキも、さっぱりとしたほどよい渋みと優しい香りに包まれて、すっきりとした清涼感に心ときほぐされるはずです。