さが農村ひろば

【スポット】吉野ケ里歴史公園

説明

吉野ヶ里歴史公園は、「弥生人の声が聞こえる」を基本テーマに、日本の優れた文化的資産である吉野ヶ里遺跡の保存と、当時の施設の復元や発掘物の展示などを通じて、弥生時代を体感できる場を創出し、日本はもとより世界への情報発信の拠点とすることを目的に作られました。

かつてこの地に佐賀県の工業団地を造る計画が持ち上がる中、遺跡の価値が改めて認識され、昭和61年から本格的な文化財の発掘調査が行われました。その結果、我が国弥生時代最大規模の環壕集落であることが確認され、また魏志倭人伝に記された邪馬台国の様子を彷彿とさせる建物跡などが発見されたことにより、一躍全国の注目を集めました。日本の古代の歴史を解き明かす上で極めて貴重な資料や情報が集まっています。

平成4年に国営吉野ヶ里歴史公園として整備することが閣議決定され、さらに国営公園区域の周辺に佐賀県の公園区域を設け、国と県が一体となった歴史公園として、平成134月からその一部が開園、平成 28723日現在では面積約102.6ha(国営公園約52.8ha 、県立公園約49.8ha)が開園しています。

お近くのおすすめポイント

すべて見る

【体験】西山田農園

平成17年度よりスタートした西山田農園では、「ブルーベリー」をはじめ「そば」「花卉」「野菜」「果物」「古代米」を栽培。農業体験から観光農園まで農業のテーマパーク

【食】森の香 菖蒲ご膳

食前酒からデザートに至るまで、メンバーが地元の小川や山道を歩いて集めた食材ばかりで提供しています。富士町の澄んだ空気と水が育んだ山菜や沢がに、草花などを使った郷

すべて見る