9品種の完熟いちごを味わえる観光農園

2022年01月05日 公開

体験施設 白石町

「いちごの日」に堂々オープン!

農作物の宝庫“佐賀県白石町”のNEWスポット

2022年1月5日、1(いち)5(ご)の日に、観光農園「佐賀白石いちごの駅」がオープンしました。立ったまま収穫ができるスタイルで9品種のいちごが40分食べ放題とあり、早くも注目を集めています。

12棟あるハウスで栽培されているのは9品種のいちご。育てているのは3代続くいちご農家「岸川農園」の岸川さんファミリーです。45年前から佐賀県白石町でいちごの栽培を続けてきました。岸川農園は、JAの共進会で会長賞を14年連続で受賞。現代表である勝さんも農林水産大臣賞を受賞するなど、地元白石町では“いちご名人”とも呼ばれているそうです。

いちごづくりは“土づくり”

“土づくり”にこだわり日々栽培技術の研究を続けてきた岸川農園。「株冷」という花芽分化を早める育苗方法も他のいちご農家に先駆けていち早く導入しました。食べる人の安心・安全につながるように、減農薬、減化学肥料にも努めています。さらに、ITを使ってハウス内の環境を最適に保つことで品質管理を徹底するなど、先進技術を取り入れた新しい農業のスタイルにも挑戦しています。

観光農園の運営を担っているのは3代目の力也さんと鈴菜さんの若夫婦。「完熟いちごのおいしさをもっと知ってほしい」そんな思いから、観光農園の立ち上げを決意し約4年前から少しずつ準備を進めてこられました。

9品種のラインナップとは?

「佐賀白石いちごの駅」の特徴は、贈答用として店頭に並ぶようないちごの果実が直接味わえること。そして、何といっても味わえるいちごの品種の多さです。シーズン中は常時9品種のいちごを食べ比べることができ、店頭であまり目にすることがない珍しい品種も取り扱っています。9品種のいちごの特徴をちょっとだけご紹介します。

いちごの駅
淡雪別名「白いちご」。ほのかな桜色で優しい香りと甘味が特徴です。栽培している農家が少ないことから希少性の高いいちごです。都心の百貨店などで贈答品として販売されている人気の品種です。
真紅の美鈴別名「黒いちご」。淡雪と同じく、栽培している農家が少なく希少価値が高いいちごです。外側が深紅色で中まで赤く、やや硬めのしっかりとした果肉が特徴です。深いコクと甘み、独特の甘い香りがあります。
いちごさん2018年秋に誕生した佐賀が誇るブランドいちご。凜として美しい色と形、華やかなやさしい甘さ、果汁のみずみずしさが特徴です。
さがほのか佐賀が誇るブランドいちご。大粒でつやのある鮮紅色。果肉がしっかりしています。
よつぼし甘味が強く、酸味も適度にあるおいしさです。
こはる一粒が大きくジューシーで実がぎっしり詰まっています。
あまえくぼ粒が大きく、甘みと酸味が調和してバランスが良いです。
恋みのり甘く、美味しく、香りが強いです。
かおり野酸味が穏やかでさっぱりとした甘さです。
いちごの駅ベンチ

来場者を楽しませる工夫が満載

フォトスポットが用意されていたり、可愛らしいテーブル席があったりと、来園者の心をくすぐる工夫が至る所に施されています。また園内を見渡すと、かわいい手書きのPOPが飾られていることにも気が付きます。これは鈴菜さんが手作りをしているそうです。品種ごとに食べ頃いちごの見分け方などが丁寧に書かれており、「来てくださった方に、いちご狩りを楽しんで欲しい」という思いが伝わってきます。ちなみに「淡雪」の食べ頃は、ヘタのすぐ近くまでピンク色になっているもの・・なのだそうです。ぜひ農園でPOPを見ながら「食べ頃」のいちごを探してみてくださいね。

いちごの駅淡雪食べごろ写真
淡雪プレート写真
いちごの駅栽培風景写真

まとめ

「淡雪(白イチゴ)」や「真紅の美鈴(黒イチゴ)」はSNS映えすること間違いなし。有明海沿岸道路の福富ICを降りてすぐという交通アクセスの良い場所にあるのも魅力のひとつです。ぜひ、9品種のいちごを食べ比べてお気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか?

基本情報

基本情報

【シーズン】1月~5月上旬まで
【時間】
午前9時~午後4時(月曜休園)。ハサミで収穫しながら40分食べ放題
【料金】
1~2月は高校生以上3,500円、4歳から中学生1,500円。
3~4月は高校生以上3,000円、4歳から中学生1,000円。
5月高校生以上2,000円、4歳から中学生500円。持ち帰り用は別に販売する。
月に1回程度ナイター収穫(19時~21時受付)も企画あり。
※ナイター収穫の料金は直接お問合せください。
※いちご狩りはSNS(会員制交流サイト)登録で割引もあるのでぜひチェックしてみて下さい。(Instagram・LINEフォローで500円引き)

インフォメーション

9品種の完熟いちごを味わえる観光農園外観とか
名前 佐賀白石 いちごの駅
住所 〒849-0402 佐賀県杵島郡白石町福富下分295
交通アクセス 「道の駅 しろいし」の隣(西側)有明海沿岸道路、福富ICを降りてすぐ。
駐車場の有無 「道の駅 しろいし」の駐車場
電話番号 090-4991-1583
ホームページ https://kisigawa.com/
Instagram https://www.instagram.com/kishigawa_farm_strawberry
担当 岸川農園 3代目岸川力也さん・鈴菜さん夫妻

アクセスマップ

スタッフさんに聞いてみた!

観光農園オープンへの想いを教えてください。

3代目岸川力也さん

お店に並ばない「完熟の美味しさ」をぜひ味わってください。

3代目岸川力也さん

ナイター収穫について詳しく教えて下さい。

3代目岸川力也さん

月に1度開催します。イルミネーションの飾りつけもしています。いつもと違う雰囲気を味わってください。開催情報はHPやInstagramで配信しています。

3代目岸川力也さん

完熟いちごをお家で食べる方法はありますか?情報があるそうですね?

3代目岸川力也さん

3品種は「ぽけっとマルシェ」でも販売しています。採れたてのいちごを翌日までに出荷しています。

3代目岸川力也さん

LINE公式お友だち追加